誰でもいいからセフレが欲しい時に、なりふり構わずセフレを作る鬼畜手法

世の中の男性の99.9%はセフレが欲しいと思っているはずだ。

でもどうせセフレを作るなら若くて可愛い女の子がいいと思っている人も多いだろう。

特に彼女やセフレが既にいる人なら、同等かそれ以上に可愛い女の子をセフレにしたいと考えるはずだ。

一方で、彼女もセフレもいない状況の人だと、とにかく誰でもいいからセフレが欲しい!と考えることも少なくない。

その場合は当然ながら選り好みをするよりも簡単にセフレを作ることができる。

というかぶっちゃけ行動さえしていれば誰でもそのうちセフレができるはずなので今回は管理人Tがいつもやっているセフレを作る王道の方法をお伝えしよう。

ちなみに可愛い女の子をセフレにするのも、そうでない女の子をセフレにするのも難易度はそれほど変わらず、やることも基本的に同じ。

単に対処を絞らない分、誰でもいいからセフレを作りたいという場合のほうが簡単にできるというだけだ。

なのでここに書いてある方法で行動を続けていればそのうち可愛い女の子もセフレにできるはずだ。

 

なりふり構わずセフレを作る王道の方法

 

セフレにしやすい女の子を大量に見つける

まずはセフレにしやすい女の子を見つけに行こう。

セフレにしやすい女の子にはある程度特徴がある。

具体的に言うと、

・押しに弱い女の子
・忙しい職業の女の子(看護師など)
・人妻

このあたりだ。

押しに弱い女の子は当然セックスに持ち込みやすい。

また看護師など忙しい職業の女の子は連絡が少なくて済むし、デート等面倒なこともあまりしたがらない(する暇がない)ので都合がいい。

そして人妻に限っては確実に夫という存在があって他に男を探し求めているわけだから、純粋な彼氏彼女といった関係に発展してしまう可能性は限りなく低い。

なのでこの三つの特徴を抑えて女の子を探すとセフレにしやすいだろう。

また女の子自身の特徴というわけではないが、セフレ化のしやすさを決める大きな要因がある。

それは女の子とあなたの関係性だ。

女の子とあなたに共通の知り合いがいない場合、圧倒的に女の子の股が緩くなることがわかっている。

なのでセフレにしたい男を探すなら職場や学校、友人や知人など以外で探す方が得策だ。

あなた自身のリスクを考えても、どう考えてもこの辺は避けておいた方がいいだろう。

じゃあどこで女の子を探すかというと、圧倒的に効率的なのがマッチングアプリ出会い系だ。

ナンパもありだが難易度が高くメンタルにも結構くるので、自分を鍛えたいという覚悟があるならそれをやってみてもいいだろう。

ただ見出しにも書いてある通り、セフレにしやすい女の子を大量に見つけるというのが大事になってくる。大量に女の子を見つけるとなるとやはり効率的なのはマッチングアプリで間違いない。

スマートフォンが普及する以前の出会い系のイメージと違い今のマッチングアプリは出会い系はごく普通の可愛い女の子が当たり前のように使っているので、まずは大手のアプリを一度開いてみるといいだろう。

 

とにかく沢山の女の子にアタックする

さてセフレにしやすい女の子を大量に見つけたらとにかく片っ端からアタックしていくフェーズに入る。

どれくらいの量はアタックするべきかと言うと、セフレ1人作るのに20〜30人レベルでアタックするのが平均的だ。

もしあなたが職場でそれをやろうとしたらどう考えても無理があるし、ナンパであってもなかなか厳しいところがあるかもしれない。

ところがマッチングアプリは出会い系では、指先ひとつで半分くらい定型文の内容を送ってしまえるので、これぐらいの数にアタックするのは全然難しいことではない。

管理人は今まで多くセフレを作ってきているのでそれなりに経験はあるはずだが、それでもセフレを作るときはこれぐらいの数にアタックしている。

相手との相性もあるので結局は確率論。

数撃ちゃ当たる戦略が基本的な考え方だ。

 

飲みに行く

20~30人にアタックをすればそのうちの数人はメッセージは続くはずだ。

そしたら早ければその日のうち、遅くても2週間以内ぐらいには女の子を飲みに誘うべきだ。

メッセージがある程度続いているなら誘ってめちゃくちゃ断られるということはあまりないのでとにかく誘おう。

飲みに行くときは大衆居酒屋で全然問題ない。意外と女の子は大衆居酒屋に行きたがることも多い。

最初に飲みに行った時の飲みたいぐらいは女の子の部分も払っておきたいところだが、大正居酒屋で飲むだけなら3000円ぐらいで大丈夫だ。

本当に全然お金がないならここで無理に奢らなくても大丈夫だ。まあできるたけ最初魔はおごっておこう。

 

セックスをする

さて、いい感じに酔いも回ってきて就寝の時間が近づいてきたらおとはホテルなりあなたの家に誘ってあげよう。

女の子が終電を気にしてなくて、すぐに終電がないような状況だったらそれは間違いなくOKサインだ。

そうでなくてもとりあえず誘ってみたら押しに弱い女の子はホテルに連れて行ける可能性がある。

もしも断られてしまったら「ごめんちょっと盛り上がっちゃって笑」と言って次のデートに行く約束をしよう。

2、3回目ぐらいのデートでリベンジを狙えばOKだ。

セフレにするならとにかくセックスをしなければ始まらない。

女の子がセックスした相手を好きになる傾向があるため、セックスをしてしまえば女の子をあなたのものにできる可能性も高いのでとにかくセックスに持ち込もう。

ただし、女の子とセックスをする際は「もう一度セックスをしたい」と思ってもらえるような女性本位の熱いセックスを心がけよう

特にセフレにしたいならセックスで女の子を満足させるのは大事だ。

 

セフレの関係にするためのアフターフォロー

さてここまでで基本的にセックスはできてしまうので、その後どうするかはあなた次第だ。

ワンナイトで終わらせてしまうのもOKだしセフレにして関係を続けるのも良し。いい女の子だと思ったら彼女にしてしまうのも全然アリだ。

もしあなたがセフレにしたいなら以下のポイントを守ろう。

・関係は曖昧にしておく
・あくまで他に女はいないというスタンスでいる
・たまに好きだとか言ってあげる

本当に「セフレで全然構わない」「お互いに他に女や男がいてもいい」と考える女の子は意外といるもんだが、できれば彼女になりたいと考える女の子もかなり多い。

そういったできれば彼女になりたい系の女の子も含めてセフレ化しておきたいなら、あくまで関係ははぐらかしておこう。

「私達ってどういう関係なの?」確認されても「仕事が忙しくて彼女は今はあまり考えられない」などの理由で有耶無耶にするということだ。

女の子に期待を持たせる、半分彼女と思わせておくというような鬼畜のやり方にはなるが、基本的には他に女はいないスタンスでいき、たまには好きだとか言ってあげるのがいい。

 

誰でもいいからなりふり構わずセフレを作る方法まとめ

なりふり構わずセフレを作る方法をまとめると

・セフレにしやすい女の子を大量に見つける

・とにかく沢山の女の子にアタックする

・飲みに行く

・セックスする

・その後のアフターフォローをする

 ・関係は曖昧にしておく
 ・あくまで他に女はいないというスタンスでいる
 ・たまに好きだとか言ってあげる

ということになる。

セフレに限らず彼女を作る場合でも、自分磨きをするのは多少なりとも必要だと思うが、それよりとにかく沢山の女性にアタックしていく、数撃ちゃ当たる戦法を取る、というのが一番確実で手っ取り早い方法だ。

というか数打っていくことであなた自身の経験値が高まり、それがあなたの価値を高めることにもつながるのでまずは数、という考え方が大事だ。

上でも書いた通りセフレを作れるかどうかは確率的なところも大きく、とにかく大量アタックをしていれば誰でも意外と簡単にセフレはできてしまう。特にこだわりがなく誰でもいいなら、近いうちにセフレが出来ていることだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です