大学生の男ならセフレを作るべき理由と作り方、相手を探す方法

突然だが大学生のあなたにセフレはいるだろうか?

きっとほとんどの大学生がいないと答えると思う。

かくいう管理人も大学生の頃はセフレなんて当然いなかったし、それどころか彼女すらほとんどできなかった。

管理人の場合は社会人になってからセフレを量産することができるようになったが、そんな今だからこそ大学生の時にセフレを作っておくべきだったと強く感じている。

なぜそう感じているのか、今回はそのあたりついて語りたいと思う。

大学生の男子こそセフレを作るべき理由

時間がある

大学生は何と言っても圧倒的に時間がある

……と言ってしまうと医学生などから反感を買いそうだけれども、それでも多くの大学生が時間があると言えるんじゃないだろうか。

時間は非常に貴重なものなのは誰しもわかると思うが、大学生の時にはそれをあまり意識できないかもしれない。

しかし社会人になってからは、時間というのがどれほど重要だったか気づく人がとても多い。

管理人も、(分かっているつもりではいたが)やはり学生時代の有り余る時間を有効活用できていたとは言い難い。

 

例えばセフレを作るには多少なりとも時間がかかるし、作ってからも実際会う時間には限りがある。

その点学生時代だったら思いっきりセフレ作りに没頭できるし、多くのセフレを抱えてもフレキシブルに予定を調整できたと思う。

これが学生時代にセフレを作っておくべき理由のひとつだ。

 

若いうちに経験を積んでおかないと後悔する

これはそのまま管理人Tの経験というか後悔になるが、もっと若いうちに女性経験を積んでおくべきだったと強く感じる。

女性の場合経験は少ない方がモテる可能性が高いが、男性の場合は逆だ。

(男性も必ずしも恋愛経験が多い方がモテるとは限らないが)男性の場合、ある程度年齢がいって恋愛経験が少なすぎるとマイナスの印象に働くことがとても多い。

年齢を重ねるごとに恋愛経験がないことが許されなくなっていくのだ。

例えば本当に好きな人が現れた時に、その好きな人にはそれなりの恋愛経験があるのに自分にはない……なんて状況がわかると、とても心苦しく許せなく感じてしまったりしかねない(経験者)。

いい相手が見つかった時にすんなり相手の過去も受け入れられるように、自分もそれなりの恋愛経験を積んでおくべき、というのが管理人からのアドバイスだ。

 

平日の日中に人妻に会いやすい

看護師、保育士……

セフレにしやすい職業というのはある程度偏りがあるが、中でも圧倒的にセフレにしやすいのが人妻

人妻は100%夫という存在があることになるので、純粋な彼氏彼女といった関係にはなりようがないからだ。

仮に相手の人妻が彼氏と呼んでいてもそれは実質セフレのような関係でしかない。

相手が彼女になりたがるという面倒なことに繋がらないため、ほぼセフレにできると言っても過言ではないのが人妻の特徴だ。

そんな人妻だが欠点を挙げるとすれば、会える時間が夫がいない平日の日中に集中していることだ。

平日休みの男性なら問題ないと思うが、世の多くの男性は平日の日中は働いているはずだ。

どうしても会社員では人妻と会う時間は限られてしまう。

その点で言うと大学生は平日の昼間に人妻と会い放題なので、圧倒的に簡単にセフレが作れる。

これも学生時代にセフレをつくるべき理由だ。

 

大学生がセフレを作る方法

今までの話で大学生のうちにセフレを作ることの重要性は分かってもらえたと思う。

次は「じゃあどうすればセフレを作れるのか」ということについて解説したい。

さっき言ったようにセフレにしやすい職業というのはある程度決まっているし、セフレに向いた女性というのはある。

しかしセフレにしやすいかどうかを決める最も重要な要素は、あなたと女性との関係性にある。

どういうことかというと、あなたと女性が、お互いに日常生活で繋がりがあるとセフレ化するのが難しいということだ。

以下に「女性とどういう知り合い方をしたか」という点で分けてセフレ化の難易度をつけてみた。

 

女性との知り合い方① 知人、友人

大学生であれば大学の同じ学科の人やゼミ仲間、サークルや部活仲間、あるいはバイト先の人というのもここに当てはまる。

元もお手軽に出会える関係ではあるが、実はこれが一番セフレにしにくいので注意が必要だ。

女性側からしてみると、セフレの関係がもし周囲にばれたら、もしあなたに言いふらされた、普段の生活を送っていく上で支障が出てしまうと感じるからだ。

男性のあなたからしてみてもセフレ関係が破綻した時に普段の生活で関係がギクシャクしてしまうのは都合が悪いだろう。

恋と日常生活で出会った相手はかなりセフレにするのが難しいと思っておいた方がいい。

 

女性との知り合い方② 合コン

大学生になると1度は誘われる人も多いだろう合コン。

これで出会った人なら日常生活で知り合っている人ではないのでいいと思うかもしれないが、実は知人や友人に次いでセフレ化しにくい

なぜなら合コンに集まる人というのはお互いに友達の友達など何らかの繋がりがある人だからだ。

それに初めて会った日は必ず複数人同士で会うことになるので、その日のうちに勢いでお持ち帰りすると言ったことがしにくい(まず二人きりになるというハードルがあるからだ)。

知人友人よりはマシだが、合コンで出会った女性というのもセフレにはしにくいということをお伝えしておこう。

 

女性との知り合い方③ ナンパ・マッチングアプリ・出会い系

最後にナンパマッチングアプリ出会い系

今まで上げた中ではこれらが最もセフレ化しやすい

ナンパやマッチングアプリ、出会い系に共通するのは、全く見ず知らずの異性と知り合うという点だ。

つまりこれらで会った相手なら、いくら周りに言いにくいセフレ関係になったとしても、そしてその関係に亀裂が入ったとしても、支障ないということ。

男性と違い、セフレ関係が笑い話や自慢話にならない女性からすると、これは股を緩くする大きな要因になる。

管理人Tの経験からも、日常生活で会う女性と比べてこれらで会った女性の貞操観念はかなりガバガバの人が多いと感じる。

あなたも実際にナンパしてみたり、マッチングアプリや出会い系を使って会ってみれば強く実感することになるだろう。

大学生がセフレをつくるべき理由まとめ

今回の話をまとめると、以下の通りだ。

・大学生がセフレをつくるべき理由
 ・時間がある
 ・若いうちに経験を積んでおかないと後悔する 
 ・平日の日中に人妻に会いやすい

・大学生がセフレをつくる方法
 ・友人、知人(難易度高)
 ・合コン(難易度やや高)
 ・ナンパ、マッチングアプリ、出会い系(難易度低)

大学生こそセフレを作るべきだと管理人Tは強く感じているし、それができなかったからこそ今でも管理人Tは後悔している。

現役大学生のあなたにはぜひ充実した大学性生活を送って頂きたい。

セフレにする相手を探すとしたら、ナンパかマッチングアプリが有力。

ただナンパとマッチングアプリでは難易度が全然違うのでマッチングアプリや出会い系のほうが万人におすすめできる。

ナンパはナンパで良い経験にはなるので、自分に合うと思う方法でぜひセフレづくりを頑張って欲しいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です