セフレが欲しいオタクは、オタク女子を狙えば割と簡単に作れるという話。

セフレが欲しい男性は多い。というか健全な男性の殆どはセフレが欲しいんじゃないかと思う。

でも実際セフレを作っているのはほんの一握り。

特に自分がオタク気質だったりすると、セフレなんか作れないんじゃないかと思ってしまってもおかしくない。

管理人Tはオタク気質というわけではないが、今回は客観的に見てもし自分がオタクだったらどうやってセフレを作るかという話をしたいと思う。

結論を言えば、自分がオタクなら同じくオタク気質のあるオタク女子を狙うのが一番セフレにしやすいと思う。

 

セフレを作るには共通の話題があると有利=オタク女子を狙え

そもそもセフレを作る流れは一般的にどんなもんかというと、

①ターゲットにする女性を決める
②その女性に会うためにメッセージを送る
③メッセージで話をはずませて飲みに誘う
④飲みに行って更に話をはずませてホテルに誘う
⑤ホテルでセックスする
⑥「付き合おう」という明確な意思を示さず都合のいい時に会う

最後の⑥以外は彼女を作る場合でもセフレを作る場合でも同じだが、どちらを作るにせよ③④の「会話をはずませる」というのが必要になってくる。

何で会話をはずませないといけないかというと、男性に比べて女性は警戒心が強いので「この人は私のことを分かってくれる人だ」という安心感を会話を通して刷り込んで、股を開いてもらう必要があるから。

で、その会話をはずませるのにとても助けになってくれるのが「共通の話題がある」ということ。

例えばあなたが車好きだったとして、女性がもし車に詳しい人(しかも結構ガチ目に)だったらステキな女性に見えてくるはず。

じゃあもしあなたがオタク男子だったらどうかというと、同じくオタク趣味のある女子を狙えばかなり会話がはずみやすくなるというわけだ。

 

 オタク女子と話を合わせられる男は少ない(競争が激しくない)

オタク女子を狙うと会話が弾みやすく、会話が弾むと女性の警戒心が溶けてホテルに誘いやすくなり、結果的にセフレにしやすくなるというのは理解できただろうか。

ここで「オタク女子を話が合わせられるオタク男子」ってどれくらいいるんだろうか、ということを考えてみる。

ある調査では「自分がオタクだと思っている男性」の割合は39%という結果が出ている。つまり6割以上の男性はオタク趣味がわからないから、オタク女子とオタクトークで盛り上がることができないということになる。

オタク趣味を持たない男性というのは結構ウェイウェイした人とかコミュ力が高い人が多いけど、オタク女子を狙うことでそういう強敵との競争を逃れられるというのが大きなメリットだと思う。

繰り返しになるけれど、つまりオタクはオタク女子を狙うといい。

 

オタク女子はブスは嘘。可愛い子も多い。

オタク女子を狙おうという話になると、あなたは「オタク女子ってブスばっかじゃね?」と思うかもしれない。

確かにオタク女子にはとんでもないブスもいるとは思う。

でもそれはオタク女子じゃなくても同じで「インスタにカフェの写真を上げちゃう系女子」でもとんでもないブスはいる。

要するにオタクかどうかは関係なく可愛い子の割合もブスの割合も大体一定だということ。

管理人Tがマッチングアプリや出会い系でプロフィール検索していても、オタク系女子には結構可愛い子がいると感じるし、身の回りでも美人でオタク趣味を持っている子は結構いる。

感覚的には

可愛い:普通:ブス=3:4:3

くらいじゃないかと思う(個人の好みによる)。

もしこの比率だったとすると可愛い比率は30%だから、つまり3~4人の女の子に声をかければ1人くらい可愛い子に当たるということ。

このブログでは常々言っているが、恋愛に関しては確率の問題だから、そもそもアタックする人数を増やしてしまうのが一番手っ取り早く良い女性を見つけられる。

 

もう少し具体的なオタク女子の見つけ方

じゃあそんなオタク女子をどうやって見つければいいか、もう少し具体的なことを話そうと思う。

結論からいうともし身の回りにオタク女子がいても、その人は狙わずマッチングアプリ(出会い系)を使って新たに相手を見つけるのが良いと思う。

なぜ身の回りの女子を狙ったらいけないかというと、セフレ化に失敗した時に日常生活への影響が出る危険性があるから。

逆に日常生活でつながりがない女性をターゲットにすれば、失敗しても連絡をしなければいいだけで、いくらでも練習台にできる。

日常生活でつながりのない女性とつながりを持つためにはナンパかマッチングアプリを使うのが良いが、ナンパは結構難易度が高いので管理人Tだったら間違いなくマッチングアプリを使って探す。

マッチングアプリや出会い系では大量の女性をスマホ一つで検索することができるが、検索する際にはフリーワードで「オタク」「アニメ」「インドア」などで検索すると引っ掛かりやすい。※フリーワード検索ができないものもあるので注意

そこで引っかかったオタク女子に対して、片っ端からメッセージ(ほぼ定型文)を送りつけて、返信があった子とだけその後のやり取りを続ける、というのを繰り返して行けば結構な確率でオタク女子と会うことができるはずだ。

セフレの作り方は別の記事でも書いているので詳しくはそっちを見ると良いと思う。

 

まとめ:セフレが欲しいオタクはオタク女子を狙うと良い

管理人Tの意見をまとめると、もし自分がオタクでセフレが欲しいと思っているなら、同じくオタク気質のある女子を狙うのが良い。

その理由は、

・セフレを作るには共通の話題があると有利だから
・オタク女子と話を合わせられる男は少ない(競争が激しくない)から

という2つがある。

しかし話が会う女の子だったらセフレじゃなくて彼女にしても良さそうな気がするが、それはセフレにしてから考えてもいいので置いておいて……

セフレができるかどうかは確率の問題が大きいので、よりその可能性を高めるためにとにかく沢山の女性をターゲットにしてアプローチしてみるのが一番だと思う。

何人かアプローチしてみれば意外と簡単にセフレなんて作れるということに気づくはずなので、まずは一歩踏み出して行動してみるのがいいんじゃないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です