セフレが欲しい大学4年生のあなたへ。大学生のうちにセフレを作るメリットとその方法を解説。

 

「あ~大学生のうちにもっと遊んでおけばよかった。セフレを作ってパコパコ三昧の学生性活を送っておきたかった。」

おっと失礼、管理人Tの心の声が漏れてしまった。

今回は、セフレが欲しい大学4年のあなたに向けて、大学生のうちにセフレを作っておいたほうがいいよ、というをしたいと思う。

 

もし管理人Tが大学4年でセフレを作るなら

 

管理人Tは学生時代、彼女が1人できたくらいの童貞に限りなく近い存在だった。

もちろんセフレなんていうのは雲の上の存在だったわけだが、そんな管理人Tでも今となってはセフレを作り放題になっている。

もし大学生時代でも今のやり方さえわかっていれば全然簡単に作れたと思うので、管理人Tがもし大学4年に戻れるならどうやって彼女を作るか、というのを解説してきたい。

 

ターゲットは人妻、看護師

人妻、看護師はぶっちゃけエロい。意外と本当にエロい。

だからもし管理人Tが大学生に戻ってセフレを作るなら、絶対に候補に人妻と看護師を入れておく。

もちろん大学生なら同年代を狙うのも全然アリだけれども、管理人Tだったら人妻と看護師を優先して狙った上で、余裕があれば同年代に手を出すと思う。

それくらい人妻と看護師はおすすめ素晴らしい存在だ。

ただ、最大の欠点は会いにくいということ。

人妻は基本旦那がいない平日昼に会うことになるし、看護師は不定休が多いから一般的な社会人になるとどうしてもなかなか予定が合わせられなくなってしまう。

ところが会いにくいのは「一般的な社会人にとって」の話。社会人は土日休みが基本だから、会いにくいのだ。

つまり大学生であれば人妻や看護師に会い放題。

もし大学時代に戻れるなら間違いなくライバルが少ない人妻、看護師を狙う。

 

できるだけ大学生であることは打ち出さず、大人の男として振る舞う

女性という生き物は基本的に頼れる男に魅力を感じるようにできている。

当然、頼れる男になったほうがセフレも作りやすい。

それを考えたときに一つ問題になってくるのが、大学生の時は「大学生という立場」がモテると勘違いしがちなこと。

社会人になって感じるようになったことだが、大学生は(特に経済面で)子供っぽく見えしまうことがあるので、実はあまりモテる要素にはならない。

同じく大学生の女子や女子高生が相手なら問題なくても、人妻、看護師あたりを狙うなら大抵自分が年下になるので、大学生というのはあえてあまり押し出さない方がいい。

もし管理人Tが大学生なら(自己紹介とかでは勿論「大学生」であることを言うものの)大学生であることはあまり言わず、一人の男として悩みを聞いたりして大人の振る舞いをすると思う。

 

探す方法はマッチングアプリ・出会い系

人妻、看護師を狙うというのは上に書いたとおり。

でも大学生がどうやってそんな層に会うのか?という疑問に対しては、このブログでは耳にタコができるほど言っているマッチングアプリや出会い系を使うというのが管理人Tの答えだ。

勿論バイト先に人妻がいれば狙ってみるのも悪くはないと思うが、看護師はさすがにバイト先にはなかなかいないはず。

それにもしセフレ化に失敗した時のリスクを考えると、バイト先での自分の立場が悪くなる可能性もあるので、全くつながりがない女性と知り合えるマッチングアプリや出会い系を使うのが一番。

ちなみに探す時にはできるだけ10歳以上歳上は狙わないようにする。

上にも書いた通り10歳以上歳上だと大学生はすごく幼く見られる可能性があるので、歳は近めを狙った方が良いと思うから。

実際アプリで探してみればわかるが、人妻でも20代は結構沢山いるので「俺は熟女趣味はねえ」という人でも人妻狙いは問題ない。

 

そもそも大学4年のうちにセフレを作った方がいい理由

管理人Tがもし大学生だったらどういうふうにセフレを作るか、という点は上に書いた通り。

じゃあそもそも何で管理人Tは大学生のうちにセフレを作っておいた方が良かったと思うか、社会人になった今感じることを書いておきたいと思う。

 

大学生は人生で最大級に時間がある

なんといっても大学生には時間がある。

理系大学生を中心に一部の人は全然時間がないということもあるかもしれないが、大抵の大学生は一般的な社会人よりも時間的な余裕があるはず。

特に大学4年は就活さえ終わっていればほぼ何もせずに過ごせるといっても過言ではないと思う。

時間があるというのはそれだけ多くのセフレを同時に持つことができるということ。

社会人になっても複数の女性をキープするのは不可能ではないし、管理人Tも実際3人くらいまでならキープしていることが多いけれど、大学生ならもっともっと沢山の女性と会う時間がある。

それに加えて冒頭で書いた通り、平日日中に人妻や看護師に会えるということも踏まえると、時間の融通という面で大学生は社会人に対して圧倒的にセフレを作りやすい環境だといえると思う。

 

 

大学生は中学生、高校生に次いで性欲がある

あとは性欲

年齢を重ねるごとに性欲は衰えていくのは否定できない事実だ。

中学生のときには椅子から立ち上がる度に勝手に勃起して困っていた管理人Tも、社会人になってからは時々セックス中にアソコがアルデンテになってしまうくらいには性欲減退している。

それを考えるとやっぱり思う存分セックスを楽しめる若い時に気が済むまでセックスしておくのが良いと思う。

 

早いうちに遊びまくって早く落ち着いた方がいい

最後に、今でも管理人Tが後悔していることを伝えたい。

もっと早いうちに遊んでおけば良かった。

よく「真面目な人と結婚したい」なんていう女性がいるけれど、真面目な人ほど若いうちに遊んでいないので結婚してから不倫に走ると思う。

むしろどちらかというと早いうちに遊びまくっていたような人の方が落ち着くのも早い印象がある。

さっさと気が済むまで遊んでおいた方が「ああ女ってこんなもんなのか」というのが分かって早いうちに落ち着けるし、女性の扱い方もわかって、自分に合う女性もわかるようになるから。

だからこの記事を読んでいる大学4年のあなたには、まだ大学生のうちに気が済むまで遊びまくっておいたほうが良いと伝えておこう。

ちなみに管理人Tが落ち着く時はまだきていない。

 

セフレが欲しい大学4年がやるべきことまとめ

セフレが欲しい大学4年のあなたには、本能に任せて大学生のうちにセフレづくりに没頭しておくことを勧めておく。

大学生がセフレを作るなら、

・人妻、看護師をターゲットにする
・大学生であることはあまり打ち出さず、大人の男として振る舞う
・マッチングアプリ、出会い系を使う

ということを意識すると良いと思う。

 

・人生で最大級に時間がある
・中学生、高校生に次いで性欲がある
・早いうちに遊びまくって早く落ち着いた方がいい

ということを踏まえると、大学生の間にセフレを作っておいたほうがいい、というのが学生時代にセフレを作れなかった管理人Tからのアドバイスだ。

セフレの作り方は別の記事でも詳しく解説しているので、それらを参考にして見ると良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です