男の性欲解消法、発散法で最強なのはセフレ。セフレは男子の夢を形にしたものです。

 

 

男の3大性欲解消法「オナニー」「彼女」「風俗」

男が性欲解消のために取れる選択肢といえば次の3つが一般的。

・オナニー

・風俗

・彼女

中でもオナニーは己の手と場所さえあればゼロ円でできるし、早ければものの1分で完了できる手軽さは他の追随を許さない。

「性欲解消」という面だけで見たら人類に与えられた究極の手段で、正直これに勝るものはないと思う。

だがオナニーに欠点がないわけではない。

最大の欠点は「本物の女性に触れられない」ことで、女性の匂いや声、体の感触を楽しんで精神的に満たされるというのがない。

そこで次に選択肢に上がるのが「風俗」。

管理人Tは実は風俗に殆ど行ったことがないのだが、金を払いさえすれば面倒なことも必要なく、すぐに女性とイチャイチャして性欲解消ができる。

本物の女性に触れられるというのが大きなメリットで、手軽さで言ってもオナニーの次くらいにはくるはず。

ただ風俗の最大の欠点は金がとにかく掛かることで、結構な金持ちじゃなければそう頻繁に行けないし、「金を払っている」という事実のせいでどうしても「仕事感」が出てしまうのも嫌な所。

そしてもうひとつの解消手段「彼女」。

彼女を性欲解消の手段としてラインナップするのはどうなのか、という世間の声もあるかもしれないが管理人Tはこのブログで綺麗事をいうつもりはない。

多くの男性にとって彼女をつくる意味の半分以上を占めるのは「性欲解消」であることはほぼ間違いないし、そうでなければこんなに多くの男性が労力をかけて女性を口説こうとなんてしないはず。

もちろん精神的な部分も目的として大きいのは間違いなく、単純なオナニーでは絶対に解消できない「一緒に寝る」「くっついてまったりテレビを見る」「一緒に遊びに行く」といったことができるのは彼女の大きなメリット。

3つの選択肢「オナニー」「風俗」「彼女」の中では彼女が最も精神的にも満たされる性欲解消手段で間違いない。

 

第4の性欲解消手段、発散方法「セフレ」について

ここまで代表的な3つの性欲解消手段を出してみたが、管理人Tにとってメインの性欲解消手段は第4の選択肢、セフレだったりする。

セフレを作ったことがある人は少数派だと思うので言っておくと、セフレは他の性欲解消手段のいいとこ取り近い。

・金がかからない

・時間をかけなくていい

・複数人維持するのが簡単

・精神的に満たされる、自信がつく

セフレが優れている部分それぞれについて深掘りしてみよう。

 

金がかからない

セフレのメリットで真っ先にいえるのが、この「金がかからない」という部分。

風俗通いなら言うまでもなく莫大な金がかかるし、彼女でもなんだかんだで年間の維持費は30万円くらいかかるのが普通。

だがセフレなら彼女と違って事あるごとにプレゼントを買ったり、頻繁に遊びに出かける必要もなく、家に呼んだり家に行って少し喋ってセックスできるので圧倒的に金の消耗が少ない。

勿論ちょくちょく食事に行ったりくらいはするが、それでも風俗に比べたら全然大した金額じゃない。

さすがにオナニーに比べたらお金がかかるのは間違いないが、ほぼ気にするほどの金額にはならないし、それでいて得られる満足度はオナニーの比じゃない。

 

時間をかけなくていい

次のメリットはお金と同じく時間もかけなくていいという点。

女性からすると男が彼女のために時間を費やすのは当たり前で、結構多くの女性が彼女になった途端「もっと連絡してほしい、寂しい」「次いつ会えるの」なんて言ってくる。

それに比べてセフレの場合、立場をわきまえてくれることが多く、連絡頻度も会う頻度も彼女より少なくて済むことが殆ど。セフレの方が間違いなく自分の時間を保ちやすい。

これもオナニーや比べたらかかってしまうのは間違いないが、少なくとも彼女と比較したら圧倒的に時間の消耗が少なくて済む。

ちなみに風俗と比べた場合でもセフレの方が時間はかかってくるものの、なによりセフレは金がかからない。

風俗に行く金額を稼ぐための時間を考えた場合、セフレの方が時間がかからないといえる。

 

複数人維持するのが簡単

これは彼女と比べた際のメリットで、「お金がかからない」「時間がかからない」から通ずる部分だが、セフレの場合複数人を同時にキープするのがかなり簡単。

男の場合(女の場合でも?)彼女がいても他の女性に手を出したいと心の中では多くの人が思っているだろうが、多くの人はなかなかそれができない。

なぜできないかというと「金」と「時間」という自分のリソースが彼女一人に奪われ、枯渇してしまっているから。

金も時間も大してかからない「セフレ」という選択肢を取っていれば、ごく一般的な女性を何人も同時にキープして、日替わりで別の女性とセックスするなんてことができてしまう。

まさに男の夢を実現できるのがセフレだ。

 

精神的に満たされる、自信がつく

精神的に満たされる、自信がつくというのは非常に大きなメリット。

本物の女性に会って触れることができるのでオナニーとは比にならないレベルで精神が満たされるし、風俗と比べても「金」が絡まない分セフレの方が圧倒的に精神面が満たされやすい。

よくある勘違いで「セフレなんて体だけの関係だから心は満たされない」なんて意見があるがこれは完全に間違いだと断言できる。

セフレは別に体だけの関係というわけではなく、家で遊んだり寝たりするだけという日の普通にある。

それにお互いに過度に干渉したり束縛したりしない関係になるので、信頼関係は彼女以上に強いと管理人Tは感じる。

セフレは気遣いができる人が多いので、管理人Tぶっちゃけセフレの方が本気で好きになってしまう確率が高いくらいだ笑

だから精神的に満たされたい、という面ではセフレは全く問題ないどころか最適だといえる。

それともう一つ精神的な面でいえば、セフレを作れる男はなかなかレアなのでセフレがいるというだけでかなりの自信につながる。

自信が持てるようになるとさらにモテるようになるし、仕事など恋愛意外の面でもいい影響があるので、この利点も見逃せない。

 

男の性欲解消法、発散法についてまとめ

男の性欲解消法、発散法をまとめると、代表的なものでは

・オナニー

・風俗

・彼女

がある。

金と時間のかからなさでいうと、

オナニー>風俗>彼女

精神的な満たされ度でいうと、

彼女>風俗>オナニー

という感じだ。

そして第4の選択肢として挙げたいのが、セフレ。

上の並び順にセフレを入れると、

金と時間のかからなさは

オナニー>セフレ>風俗>彼女

精神的な満たされ度でいうと、

セフレ>彼女>風俗>オナニー

という感じでセフレはかなりいいとこ取りに近い存在。

セフレなら複数人を維持することも結構簡単だし、なにより自信がつく。

単純な一時の性欲解消という面ではオナニーに及ばない部分もあるが、トータルのコスパでみると圧倒的なパフォーマンスの高さでオナニーに勝るとも劣らない選択肢。

他の記事でも書いている通り、セフレなんて作ろうと思えば案外簡単につくれるので一度作って体感してみると良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です