出会いアプリでの初デートまでの期間と時間・場所の選び方

マッチングアプリや出会い系アプリというのは、全く繋がりがなかった男性と女性を巡り合わせるということをやってくれる素晴らしい道具である。

しかしアプリがやってくれるのはあくまでマッチさせるということまで。

そこから更に深い関係に至るには”実際に会う”ということをしなければならない。

そして会う約束というのは(不公平ではあるが)男性側が提案するというのが世の常なのだ。

そこで今回は「どう誘えばいいかわからねえ!」というあなたのために、デートで行く場所や誘う時期等のポイントを解説していこうと思う。

 

初デートを切り出すまでの期間は平均2週間程度

まずそもそも、メッセージの交換を始めてからどれくらいのタイミングで会う約束を持ちかければいいのか?という点だが、答えをいうと平均2週間くらいだと思って頂いて良い。

当然メッセージの盛り上がり具合にもよるが、早くて数日、遅くともメッセージのやり取りを始めてから3週間目が来る前には初デートの話を切り出したいところだ。

2週間くらいというのは長いと感じるだろうか?短いと感じるだろうか?

もしかすると”女性はとても慎重である”ということを知っているあなたは「そんな早くていいの?」と思うかもしれない。

確かにすぐに会おうとしすぎるのは良くないが、実際のところ2週間というと話題も尽きてくる頃といっても差し支えない。

あまりやり取りが長過ぎると、当初高ぶっていた気持ちも段々と「めんどくさい…」に変わってきてしまうのは女性も同じ。

可能な限り女性の気が変わらないうちにさっさと会ってしまうのが得策だ。

 

それにどんなにメッセージでやり取りを重ねるよりも、実際に会うほうがあなたの魅力というのは伝わるということは覚えておいてほしい。

言ってしまえば会ってしまえばこっちのものなのである。

他の男性に取られる前にさっさと会ってしまって、早い段階でライバル達と差をつけるように心がけよう。

その時期を平均すると大体2週間目くらいということだ。

 

初回はご飯を食べるのが基本

本当に恋愛経験が少ないと、「デートといえば映画館や水族館!」などと考えてしまい、最初からそういう予定を組もうとしてしまう人がいる。

だがこれらは内容が重すぎて、初回のデートには全く向いていない。

リアルで知り合いの女性ならまだしも、まだ会ってもいない女性となら尚更だ。

初回のデートはあくまで実際に顔を合わせ、次のデートにつなげることを目指すべきである。

 

こう言うと「会った当日にホテルに行けないのか!」と憤慨するかもしれない。

なるべく早くエッチしたいという気持ちは非常によく分かるが、管理人Tの経験上初回にエッチするのは2回目以降にエッチするのに比べて格段に難しいのだ

初回は”まずはどういう男性か確認する”程度の気持ちで来る女性が多いし、女性側としても軽い女と思われたくないという考えもあるため、初回ではなく2~3回目で体を許す女性が多い。

エッチできる確率を最大化したいのであれば、初回は紳士的に振る舞い女性を安心させ、2~3回目でエッチに誘い込むというのが最も良い方法である。

ただし、初回でもいい雰囲気になって女性が”帰りたがらない” ”眠いアピールしてくる””終電を気にしない”等の様子を見せている場合は、会った当日に食ってしまって良い(実際そういうことも少なくない)。

 

初デートの最適な時間帯は仕事前日の夜

初回のデートはあくまで実際に顔を合わせ、次のデートにつなげることを目指すべきであるということをお伝えした。

そのためには下の2点を満たす必要がある。

①「それくらいなら」と来てもらうハードルが低いこと

②「もっと話したかった!」と思ってもらえること

 

初回のデートでは①を満たすために、やはり気軽に行きやすい食事(飲み含む)を選ぶのが基本だ。

初デートなら軽く食べるか飲むかしておけば間違いない。

そして②を満たすために、時間帯は夜、そして次の日に仕事がある日を選ぶと都合が良い。

なぜ翌日休みの日ではないのか?と疑問に思うかもしれないが、次の日に仕事があるというのは早く切り上げる絶好の口実になるのだ。

翌日に仕事がある日の夜であれば、数時間程度食事をしたら「明日仕事があるから」という理由で自然に帰ることができ、相手に「もっと話したかった」と思わせることができる。

 

もちろん女性が食事以外でどうしても行きたいところがあれば最初からそこに行くのもアリだし、ランチを好む女性であれば初回をランチにするのも良い。

ただしランチにする場合は何かしら午後の予定を(嘘でも)作っておき、早めに解散するようにすると相手に好印象を残せる。

まとめると、基本は次の日に仕事がある日の夜の食事or飲みと考えておけば問題ないということだ。

 

初デートで選ぶ店はオシャレな雰囲気で安めの店

ここまで読んだあなたは初デートは食事or飲みが鉄則というのは理解できただろう。

しかし今度はどんな店を選べばよいのか、という壁にぶつかるはずだ。

そこで私がおすすめするのは、オシャレかつ安めの店だ。

例えばカジュアルなイタリアン等。

女性によっては下町の居酒屋でもいいという場合もあるが、一般的にはオシャレなお店のほうがウケは良い。

ただし、値段はそこまで高くない所で。

飲みであれば3000円台、食事のみであれば1000~2000円台で十分だ。

初回デートなのにあまり高い店だと女性側が引いてしまうし、何よりまだアタリかハズレか不明な女性のためにそんな高いお店に行くのはあなたのお財布によろしくない。

ちなみに気に入った女性であれば初回は奢ってあげることをお勧めするので、その分も考慮に入れるとやはり高いお店は避けるべきだ。

 

なお、味については勿論良いに越したことはないが、それよりお店の雰囲気がオシャレであることのほうが重要である。

味が大したことなくてもオシャレであれば全く問題ない

 

とりあえず「雰囲気がそこそこオシャレっぽくて4000円未満のお店を選ぶ」と覚えておこう。

あとは当日空席がなくてテンパるのは避けたい所なので、可能であればお店は予約しておく、ということを意識しよう。

以上を覚えておけばお店選びは問題ない。

 

まとめ

今回の話をまとめると、

・初デートを切り出すまでの期間は平均2週間程度

・初デートは仕事前日の夜で食事or飲み

・初デートで選ぶ店はオシャレな雰囲気で安めの店(味は無視していい)

という感じ。

 

初回はあくまで女性との初対面の場、くらいの気持ちで心に余裕を持ち、金銭面でもあまり高い店は選ばず余裕を持って挑むようにしよう。

 

なお、初デート当日の振る舞い方については別記事で解説しているのでそちらも見ておきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です