マッチングアプリや出会い系の男女比とおすすめ

マッチングアプリや出会い系を使おうと考えたとき、その男女比が気になることもあるだろう。

男女比の偏りは出会いやすさに大きく影響してくるものなので、管理人Tも最新の男女比について調べてみた。

そこで今回は大手マッチングアプリの男女比を調べた結果をお伝えしたい。

 

大手マッチングアプリの男女比

最初に結論を言うと、残念ながら大手のマッチングアプリで公式に男女比を公開しているところは現時点でなかった

ただし唯一YYCだけは過去に公式で男女比を公開していたことがあったため、その数値をもとに推測することは可能だ。※現在は非公開

YYCの男女比

男性 女性
70% 30%

 

どうだろう。

この数字を見て「男性ばかりじゃないか!」と思ったかもしれない。

しかしこれが実際のところで、他のマッチングアプリでも大きく状況は変わらず同じような男女比であることが推測できる。

 

さらにいうと、この7:3という数字は決して悪いものではない。

実は大手の優良なアプリ以外はもっと男女比に偏りが出てしまう、ということについて解説していこう。

大手マッチングアプリの男女比7:3は優良な数字

 

放っておくと男性ばかり集まるのが自然

男性目線で考えると男性が多い方がいいし 、女性目線で考えたらその逆になるが、 双方の立場に立って考えればマッチングアプリの理想的な男女比は5対5だ。

 

しかしそうもいかないのが現実。

何の工夫もせずマッチングアプリに自然に人が集まってくるのを待っていたらどうなるだろうか?

答えは男性ばかりが集まり女性が全然集まらないという状況になる。

男性100:女性1 くらいにはなってもおかしくない。

 

なぜそうなるのかと言うと、生物の根本的な違いの話になってしまうが、いつの時代もどんな生物もオスが追いメスが追われる立場にあるというのが根本的な要因だ。

人間も例外ではなく、 女性は待っているだけで男性が勝手にアプローチしてくれる。

こればかりは 生物というものがそうできているので仕方がないという他ない。

しかし女性は女性で大変なものだ。

今話したのは、ある程度容姿が魅力的な女性についてで、そうでない場合の女性というのは悲惨な状態だというのは想像に難くないだろう。

男性は逆にそれほど見た目の良さを要求されないので、その点では男性の方がイージーだ。

要するに、求められるものは違えど 男女どちらが楽だ、と言った違いはそれほどないのだ。

 

話を戻そう。

 

だから女性というのは自分から出会いを求めに行くという考えがあまりないし、あらゆる面において行動力が乏しい人が男性に比べて多い。

それに体力的に不利な女性というのは男性が想像する以上に臆病なものなので、ネットでの出会いに抵抗があるという人は少なくない。

だから マッチングアプリはその性質上、放っておくと男性ばかり集まり女性はほとんど集まらないという状況が発生してしまうのだ。

 

女性を集めるには仕組みが必要

ではそういった状況を改善し、なるべく女性比率を高め男女比5対5に近づけるためにはどうすれば良いか。

大手マッチングアプリでは実は様々な工夫が行われている。

そういった工夫の結果が7:3の男女比になるわけだが、次項ではその工夫点についてお伝えしていこう。

 

大手マッチングアプリの女性ユーザーを集めるための仕組み

 

女性の料金を無料にする

男性は有料、女性は無料というのがマッチングアプリ業界の常識だ。

一部婚活アプリなどでは女性から料金を取る仕組みが存在するものもあるが、ほとんどのマッチングアプリでは男性有料、女性無料だ。

これは女性を集める工夫の最たる例だといえるだろう。

こうすることで 男性ユーザーが集まりすぎるのを抑止し、逆に女性が使うハードルを非常に低く設定することができる。

 

女性向けに広告を出稿する

そうして男性会員から集めた料金をどのように使かと言うと、女性会員を集めるための広告の出稿費に回すのだ。

男性向けにはそこまで積極的に広告を出稿せずとも自然に会員が集まるが、集めるのが難しい女性会員向けにはより多く広告を出稿する必要がある。

実際多くのマッチングアプリ運営会社は、女性雑誌などに広告を多く出稿している。

 

普通は男性向けよりも若干クリーンなイメージを押し出す

そして出稿する広告も男女で内容に差があることが多い。

男性向けにはとにかく見た目が可愛い女性を広告に出させ、時には露出が激しい写真を使うこともある。

男性は女性の見た目を重視するし、なによりエロいからだ。

一方女性向け広告には仲良く男女がデートをしているような写真が使われることが多い。

女性は男性と違い、安心感のある恋愛というのを求める傾向にあるためだ。

もちろん女性にもエロい人はたくさんいるし、性欲は誰にもあるが、やはり全体的な傾向から見るとそれは男性ほどではない。

そのため女性会員をより集めるために、少なくとも女性向けの広告上はクリーンなイメージで出していることが多い。

マッチングアプリの男女比まとめ

まとめるとマッチングアプリの男女比は以下のような状況だ。

 

・大手マッチングアプリの男女比は7:3
・放っておくと圧倒的に男性ばかりが集まる
・そのため大手マッチングアプリは女性を優遇し7:3を実現している

 

ここまで読めばお分かりだろうが、(大手では存在しない)男性完全無料のマッチングアプリというのは、女性を集めるための仕組みが存在しないためおすすめできない。

 

しかし大抵の大手マッチングアプリであれば、ぶっちゃけどれも男女比に大差はないので、どれを選んでも大きく失敗することはないだろう。

それでは迷ってしまうと思うので、一応管理人Tがメインで使っているアプリを上げておくと、ペアーズ(Pairs)PCMAXだ。

 

ペアーズの方が ピュアな恋愛に向いていて、いわゆる業者がほとんど存在しないため初心者向きだ。

PCMAXの方は人妻が登録していることが多く、セフレ探しなどアダルトな出会いにかなり強い。ただし業者は存在しているのでそれを見分ける目は必要だ。

迷ったら とりあえず上記の二つを選んでおけば間違いない。

マッチングアプリはとにかく経験がものをいう世界なので、実際に使ってみることでどんどん自分のレベルを上げて行くのが最短ルートだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です