マッチングアプリや出会い系で4回目、5回目、6回目のデートはほぼ失敗する。

あなたはマッチングアプリで女性と何回くらいデートを重ねるだろうか?

場合によっては4回目、5回目、6回目とデートを重ねることもあると思う。

でも残念ながら大抵の場合、そんなに回数を重ねても失敗に終わってしまうということを今回は伝えていおかなければいけない。

なぜマッチングアプリや出会い系で4回目以降のデートは失敗しやすいのか…?これを読めばいかに3回目までのデートが大事かわかると思う。

 

マッチングアプリで4回目、5回目、6回目のデートが失敗する理由は「既に熱が冷めているから」

マッチングアプリで4回目以降のデートが失敗する最大の理由は「回数を重ねるごとに相手の熱は冷めていくから」

いやいやちょっと待てと思ったそこのあなた、鋭い。

「単純接触効果」といって、会う回数を重ねるほど相手のことを信頼していくという心理テクニックがあるので、普通は回数を重ねたほうがいいと思ってもおかしくない。

確かに人間関係では会う回数が多くなればなるほどお互いに信頼感を覚えるのは間違いないが、こと恋愛においては信頼感が高まったところで高揚感ドキドキ感がなくなってしまったら意味がないというのを忘れてはいけない。

ほとんどの人は最初に会ったときが一番ドキドキしていて、その後だんだん信頼感が高まる代わりにドキドキ感を失っていってしまう。

つまり恋愛では最初をピークに、会う度どんどん冷めていき、4回目以降のデートではほとんどいい結果にならないということ。

加えてマッチングアプリや出会い系を使っている女性には日々大量のアプローチが届いているということも追い風になる。

あなたが慎重に何回もデートを重ねているうちに、手の早い他の男に取られてしまう可能性が十分にあるということだ。

女性というのは押せば案外コロっと行ってしまうものなので、あなたがどれだけ慎重に行っていても後から来たチャラ男に一瞬で持ち去られる可能性は十分にあるし、管理人Tもそういう苦い経験をしたことがある。

マッチングアプリや出会い系では、いい感じと思っていた女性がいきなり連絡が途絶え、聞くと「彼氏ができた」とかいうことが時々あります。

だからマッチングアプリではダラダラとデート回数を重ねれば仲良くなれると思ってはいけない。

 

マッチングアプリで落とすまでのデートの回数は3回以内に抑える

じゃあマッチングアプリのデートは何回が正解なのか。

結論をいうと3回以内が適切だと管理人Tは思っている。

 

1回目からホテルに行く気で挑むべき

3回以内というのはあくまで「以内」の話で、デートをするときには最初から落とすつもりで行ったほうがいい

落とすというのはつまりホテルに誘うということ。

「俺は真面目な恋愛がしたいんだ!」というあなたのために言っておくと、真面目な恋愛がしたい場合でもさっさとホテルに誘ってしまったほうがいいです。

別の記事でも書いているけれど、真面目な恋愛というのは遊びの恋愛から発展するということが実はかなり多い。

管理人Tは、「最初は遊びで付き合ってみたけれど、実際付き合ってみたらこんないい人いなかった」という形のほうが、より多くの女性を知った上でいい女性かどうか判断できるし、それだけ良い女性だったということになるので理想的だと思っている。

それに体の相性というのも恋愛ではかなり大事な要素だから、早いうちにそれを確かめた上で付き合うことができたほうが、後々になって合わないことが判明するよりよっぽど効率的。

だからデートに行くときには1回目からホテルに誘うつもりで行くように管理人Tはしている。

 

長くても3回以内にケリをつけるつもりで行く。それ以上は基本的に無駄。

最初からホテルに誘う気で行く前提でも「言い出せなかった」「そういう雰囲気になれなかった」となることはよくあること。それは管理人Tも普通にある。

だから必ずしも1回目で落とさないといけないというわけではないと思っているけれど、先に書いた通りチャンスは3回までと決めておいたほうがいい。

3回以内に落とせない女性というのは4回目以降もだめなことが多いし、仮に4回目でOKだったとしても付き合ったら何かと振り回される可能性が高いから。

ガードが硬いということはそれだけ「自分が大事」「自分は商品価値が高い、安売りしたくない」という考えが根底にあるわけで、そういう人は打算的な性格であることが多い。

マッチングアプリを使っていれば他にも可愛くてすぐに落とせる子はいくらでもいるので、そういった子に固執してお金と時間を無駄にするより、ある程度で見切りをつけてしまったほうが効率的。

もしどうしても他にいないくらい可愛い子だった場合は4回目以降頑張ってみるのもありだと思う。それくらいの意識でいこう。

 

3回以内に落とせなかった際のダメージを抑える方法は「安い居酒屋の活用」

3回以内に落とせなかった場合は諦める。

ということは逆にいえば最大3回のデート費用が無駄になってしまうということ。

特に男性は最初のデートではおごってあげることがほとんどだと思うので、例えば1回のデートに一人5,000円かかっていたとしたら3回で30,000円分を無駄に捨てることになってしまう。

といってもそれだけ経験が手に入るわけなので無駄ということでもないし、流石に3回デートに行って失敗に終わるということがそう何度も何度もあるわけではないと思う。

でもそういうリスクを少しでも減らすため、管理人Tはいつも「安い居酒屋」を使うということを徹底している。

最初のデートでは必ず大衆チェーン居酒屋的なところに行って、一人2,000円くらいに抑えるようにしている。

ちなみに大衆チェーン居酒屋を使ってもっと安く抑えるコツはデート前に家で酒を飲んでご飯も食べていくこと。

自分は食べ物や飲み物をあまり注文しないようにしていればかなり安く抑えられるし、それでも女性は「あ、この人全然食べてない」と気づくことはあまりないので大丈夫。

チェーン居酒屋は普段あまり行かないという女子が意外と行きたがるし、オシャレな店よりも緊張せずに話やすいし、周りがザワついてうるさめな方が近距離で話しやすい。

実は女子ウケよくて安くて最高なのが大衆チェーン居酒屋です。

 

まとめ:マッチングアプリや出会い系は4回目以降のデートをしても大体失敗する

まとめると、マッチングアプリや出会い系のデートでは4回目以上はあまりアテにしないほうがいい。

その理由は、次の3つ。

・回数を重ねるごとに女性は熱が冷めていくから
・その間に手の早い男に取られる可能性があるから
・3回デートをしても落とせない女はその後もいい結果になりにくいから

なのでマッチングアプリのデートは、

・1回目からホテルに行く気で挑む
・長くても3回以内にケリをつける

という決まりを作っておくといい。

心配しなくても女性はいくらでもいるので、どんどん新しい女性にアタックして可能性を広げていこう。

管理人Tはいつもそういう考えでやって上手くいっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です