20代のセフレが欲しい人に現実的な作り方を教える。

あなたは自分が思うままにいつでも呼び出してセックスできるセフレは欲しくないだろうか?

こんな質問を投げかけたら私管理人Tを含め、恐らく殆どの男性が「欲しいに決まってんだろ!」と答えると思う。

なんだかんだ言って男性のほとんどは「セックスが目的で」色々なことに我慢しながら彼女と付き合っていたりするものだからだ。

表向き言わなくても心の中ではほとんどの男性がセフレを欲しがっていると思う。

更にいえばどうせセフレにするなら20代の若い女の子をセフレにしたい、と考える人もかなり多いんじゃないだろうか。

今回はそんなあなたのために、常にセフレ数人をキープしており特に20代セフレを沢山作った経験がある管理人Tが、現実的な20代セフレの作り方のコツをお話ししたい。

 

実は20代は最もセフレにしやすい年齢層

20代セフレが欲しいあなたに朗報だが、管理人Tの経験上セフレを作るなら20代女性が一番簡単だ。

30代ぐらいになってくると女性の多くは結婚していたり落ち着いているため、 遊びの出会いを求めている女性は割合的に少なくなってしまう。

一部、既婚者でセックスレスになっている女性などはまたセフレにしやすいのだが、それを除けば30代より20代の女性の方が一般的にはセフレにしやすい。

20代と同様10代についてもセフレにしやすいといえるのだが、いかんせん18歳もしくは19歳だけが手を出せる10代の年齢だ。

なので10代は母数が少なく、結果的に20代が一番現実的に狙いやすい所だということになる。

いずれにせよ多くの男性にとって魅力的な年齢である20代の女性が、実は一番セフにしやすいというのは喜んで良いことではないだろうか?

 

20代のセフレを作るための現実的な手法

では、そんな20代のセフレを作るために管理人Tがいつも意識しているポイントを紹介していこう。

20代の中でも狙うべきは20代前半の女性

20代といってもその年齢は、つい最近まで10代だった20歳から、ほぼ30歳の29歳まで幅広い。

女性の場合20代も後半となり30代に近づいてくると、結婚を意識し始めてそれを前提とした出会いを求め始めるようになる。

一方で20代前半の女子大生なんかは、まだまだ結婚は考えておらず意外と(男性の感覚に近い)軽い関係を求める女子も多くいる。

なのでセフレを求める男性の立場でいうと、20代後半よりも20代前半を狙ったほうがセフレを作りやすい傾向がある。

 

自慢話、若者に無理に合わせた話せず若者文化に素直に耳を傾ける

20代前半の女性を狙うとなると、必然的にあなたが年上である可能性が高い。
特に一回りくらい年齢が離れているとなると、年上であるあなたにはそれなりの「大人な中身」が期待される事になる。

あなたに求められるのは「物知り」「怒らない」「話を聞いてくれる」といったことは勿論だが、「自慢話をしない」「若者に無理に合わせた話をしない」ということもある。

特に若い人相手だと「おっさん」と思われたくない一心に、若者文化に対して「ああそれな!それ知ってる知ってる」と言いたくなるかもしれない。だが若者の立場で考えてみると、若者文化に妙に詳しすぎるおっさんというのはイタイものだ。

「知ってる知ってる」も実際は間違ってる可能性もあるし、おっさんなのは事実なのでそれを無理に隠そうとせず、「へ~そんなことやってんの!え?じゃあ○○のときはどんな感じなの?」と素直に耳を傾け、若者文化を受け入れる姿勢をとったほうが得策だ。

おっさんはおっさんでも、懐の深いおっさんでいることが若い女の子に好かれる秘訣だ。

 

アルコールの力を使う

アルコールの力は偉大だ。特に恋愛においてはかなりの効果を発揮するので、これを使わない手はない。

「本当はセフレは望んでいない、彼女になりたい」系の女子は勿論、「セフレをつくりたい」系の女子であっても、普段は少なからず理性が働きブレーキがかかっているものだが、そのブレーキを簡単に外してくれるのがアルコールだ。

女子を「いい気分」「なんか眠い」「まあ別にいいかな」といった、お持ち帰りしやすい感情にする効果があるので、なんでこんな便利なものが日本で許可されてるのか不思議なくらいだ。
※女性を泥酔させて無理やり持ち帰るのは当然駄目です

もちろんあなた自身が飲むことで女性と話しやすくなるというのもある。

管理人Tは根が真面目で緊張しやすい性格なので、ほぼ毎回女性と会う前にストロングゼロ350mlをチャージしてから行っている。これのおかげで少なくとも最初のデートでは「割と会話が面白い人」になれている。ストロングゼロに感謝だ。

セフレと名言せず有耶無耶な関係にする

これはセフレを作ったことのある人なら分かりきったことかもしれないが、セフレは彼女と違い「私達セフレだよね」と関係を名言することはほとんどない

女性側がセフレと認識しているかしていないかに関わらず、基本的には「彼女」とも言わないし「セフレ」とも言わない、そんな有耶無耶な関係を作ることを目指すといい。

 

セフレにしやすい関係の20代前半女性に大量にアタックする

セフレの関係を望んでいる女性というのは一定数存在する。セフレの関係を望んでなくてもセフレになってしまう女性もかなりいる。

管理人Tは今まで沢山セフレを作ってきたが、そういったセフレにしやすい女性を普段の生活や初対面の印象で判別できるかというと実はあまり判別することはできない。

正直なところ女性と飲みに行って(or食べに行って)実際にお持ち帰りを試みるのが一番手っ取り早い方法だ。

なのであまりターゲットを絞り込み過ぎず、沢山の女性にアタックし続けていれば自然とセフレができるというのが管理人Tの基本戦略になる。

ただし一点大事なことがあって、実は環境が女性をセフレにしやすくすることはある。

どういうことかというと、

・あなたと女性に利害関係がある、共通の知人が存在する
 →セフレにしにくい
・あなたと女性に利害関係がない、共通の知人が存在しない
 →セフレにしやすい

ということだ。

会社の上司や部下など実生活で利害関係がある関係では女性側も下手なことはできないし、友人など共通の知り合いがいる関係も同様だ。

一方で全くそういう関係のない、例えばナンパして知り合った女性なんかであれば、女性側としても失敗してもあまり痛手がないためブレーキが外れやすくなる。

つまり、セフレにしやすい女性かどうかは、その女性とあなたの関係で決まる部分が大きいということだ。

じゃあそんな利害関係がない、共通の知人が存在しない女性沢山アタックしていくためにはどうすればいいのか。

答えはもう、他の記事でも何度も言っているようにマッチングアプリや出会い系を使うことだ。

これが管理人Tの経験上最も短時間で最も安く効率的にセフレを作れる方法だ。

 

20代のセフレを作る方法まとめ

今回の話をまとめよう。

・20代は最もセフレにしやすい年齢層

・20代のセフレを作るためのポイントは……

 ・20代前半の女性を狙う

 ・(あなたが年上なら)自慢話をしない、若者文化を素直に受け入れる

 ・アルコールを使う

 ・セフレと名言せず有耶無耶な関係にする

 ・セフレにしやすい関係の女性に大量にアタックする

 

まだセフレができたことがない人は「本当にセフレなんて存在するのか…?」と思うかもしれないが、上記ポイントに沿って行動していれば間違いなくできるので、とにかく沢山の女性にアタックしていくことを意識してセフレづくりに取り組んでみると良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です