セフレの作り方を彼女持ちが解説する。バレない出会い方が重要。

セフレの作り方を知りたいという彼女持ちの人は意外といる。

男性というのはなるべく多くの子孫を残そうとする生き物であることを考えればそれは自然なことだし、心の中ではそういう願望を持っている人のほうが多いのではないか?と管理人Tは考えている。

浮気や不倫というのは世間的にはNGなものとされているが、ここではその是非について問うつもりは毛頭ない。

この記事では彼女持ちでありながらセフレもいる管理人Tが、セフレの現実的な作り方を解説していく。

ポイントは

・彼女と生活リズムが違う女性を狙う

・実生活で繋がりのある女性は狙わない

と2点だ。

 

セフレを作りたい彼女持ちが狙うべき職業

まずはセフレを作りたい男性が狙うべき女性の職業というものがあるので、それを紹介しよう。

 

看護師、保育士、人妻

看護師、保育士、人妻この職業が3大セフレにしやすい職業だ。テストに出るので覚えておこう。

まずは看護師がなぜセフレにしやすいかという理由について。

看護師は非常に多忙な人が多く男性との出会いも少ない。

人は時間的余裕があるとゆったりと恋愛をしたいと望む傾向にあるが、時間に余裕がない場合、相手は割と誰でもよく、ストレス発散も兼ねて楽しい時間を過ごしたいと思うようになる。

その点看護師は多忙でありストレスが溜まっている人も非常に多く、手っ取り早く楽しい時間を過ごしたい女性が多いのだ。

 

保育士の場合は看護師ほど多忙な人というのは少ないが、看護師と同じく男性との出会いが非常に少ない。

そして保育士は看護師に比べて意志が弱い女性が多く、流されてやってしまうと言う状況に持ち込みやすい。

 

最後に人妻だが、この属性の女性は少し特殊で、ここまでセフレにしやすい女性というのは他にいない。

夫との関係に不満を持っている人妻というのは、普段の生活で男性との出会いが少ないので狙いやすいというのはもちろんだが、彼女関係に発展するリスクが非常に低いというのが理由だ。

 

夫に不満を持っていて、新たに彼氏が欲しいと望んでいる女性でも、人妻である以上は夫との普段の生活は切っても切り離せない。結局は実質セフレのような関係にしかならないのだ。

そういった点で人妻というのは最もセフレにしやすい職業であると言える。

看護師保育士人妻これを押さえておこう。

 

今の彼女と生活リズムが違う女性

彼女持ちの男性がセフレを作る場合絶対に彼女にバレるわけにはいかない。

そのためには彼女とできるだけ生活リズムが違う女性をターゲットにする必要がある。

例えば土日休みの彼女と付き合っているのならば、セフレにしたい女性で狙うべきは不定休や平日休みの女性だ。

その点でいうと自ずとあなたに適した女性の職業というのも大体決まってくる。

前述の看護師、保育士、人妻はどれも不定休であるため、多くの彼女持ち男性にとっては都合が良いといえるだろう。

 

彼女持ちがセフレ相手を探す場所

続いて彼女持ちの男性がどこでセフレ相手を探すべきかという話をしよう。

まず、最も大切なのは日常生活で繋がりのある女性というのは絶対に避けることだ。

これは言われなくても分かっているだろうが、浮気や不倫がバレる大きな要因は知り合いに伝わることによるものだ。

そして何より(仕事関係なのであれば特に)浮気や不倫がばれた時に日常生活に与えるダメージも大きい。

とにかく彼女持ちの男性がセフレを作る場合は日常生活で全くつながりがない女性を狙うべきだ。

全く繋がりのない女性と出会う方法は主に2種類ある。

 

ナンパ

日常生活で繋がりのない女性と出会う方法としてまず考えられるのはナンパだろう。

人の多い繁華街のバー等に行って、一人や少人数で飲んでいる女性に声をかけ仲良くなりセフレ関係に発展させるというものだ。

可愛い女性だけに声をかけることができるし、真っ先に思いつく手っ取り早い方法ではある。

おすすめのバーはHUBだ。なるべく普段の生活圏から離れた場所で行えばナンパを見られることも殆どないはずだ。

 

また女性との会話スキルや仕事上でも使えるような対人関係のスキルを磨く上ではナンパは非常に効果的だ。

そういった意味でもチャレンジしてみる価値はあるだろう。

 

マッチングアプリ・出会い系

そしてもう一つの選択肢がマッチングアプリ出会い系だ。

ナンパと違って実際に会うまで女性の顔が確実に可愛いとは言えない、というのがデメリットではあるが、それを上回るほど効率的に多数の女性にアタックすることができる

何よりナンパと違って事前に文字を使ったやりとりで仲を深めておくことができるため、話し下手な人にとってはナンパに比べてかなり難易度が低い。※というよりナンパは結構難易度が高い

 

ちなみにマッチングアプリや出会い系と言うと怪しいものと思う人もいるかもしれないが、最近はスマホの普及によってごく普通の人が使うようになっているので殆ど心配する必要はない。

 

彼女持ちである際に注意すべきはスマホの中を覗かれた時のことだ。

マッチングアプリがスマホの中に表示されていたらかなりまずいだろう。

彼女持ちがマッチングアプリを選ぶ際はWebブラウザ版も存在するものを選ぼう。

Webブラウザ版の場合、アプリをインストールせずともChromeやSafariといったウェブブラウザからログインして使うことができる。

PairsPCMAXはWebブラウザ版に対応している。

特にPCMAXの方はブラウザ版がメインとして考えられているため、同様の理由で夫にばれたくない人妻が集まる傾向にある。

今回のようにセフレを作りたいということであればPCMAXが特に適しているといえる。

 

セフレとは気付いたらなっているもの

セフレを作る際の基本的な考え方についてもお伝えしておきたい。

 

体の関係だけを求める女性はいない

まず最も大事なことは男女で恋愛に対する考え方が大きく異なるということだ。

男性の場合、風俗というものがあるように体だけの関係に全く抵抗がない人が殆ど。

一方で女性というのは体だけの関係を求める人はほとんどいない。

女性はより安心感のある恋愛のようなものを望む傾向が強く、心を満たしてくれた人に体を許すようになる。

そのため女性は普通セフレになりたいと思う人はおらず、彼女になりたい、あわよくば結婚したいと思っているものだ。

 

セフレというのは女性に対して募集して作るものではないし、「私達セフレだね」とお互いを明確にセフレ認定するものでもない。

 

女性目線で考えると、”心を満たしてくれる男性なので出来れば彼女になりたいが、何らかの理由でそうはいかないため妥協して実質セフレ状態になってしまった”というのがセフレになる一般的な理由なのだ。

つまりセフレというのは気づいたらなっているものなのだ。

 

そのため、まずはセフレにしたい女性の心を満たすつもりで行き、女性の悩みや不満を聞き、女性に尽くした所でホテルに誘うなりする。

何度も関係を続けるうちに女性の方から「彼女ではないのか?」という確認をされるかもしれないが、理由をつけてはぐらかす。

そういったことを繰り返していくうちにセフレ状態の女性が手に入るということになる。

もしくは彼女という肩書を与えてしまうのもアリだ。

ほとんどセフレと変わらないような関係になっていたとしても彼女だと思い込む女性は一定数いる。

あまり女性にとって良いやり方ではないかもしれないがセフレを作りたい男性にとってはこういった手段を取るのも効果的だ。

 

彼女持ちのセフレの作り方まとめ

今回は彼女持ちの男性がセフレを作るにはどうするべきかということを解説してきた。

 

話をまとめると

・彼女と生活リズムが異なる女性を狙う

・実生活で繋がりのある女性は狙わない

・狙う職業は、看護師、保育士、人妻

・セフレは気付いたらなっているもの

・女性の心も満たすつもりでいく

といったところだ。

セフレを作るのは彼女を作るのよりは難易度が高く、失敗することもあるだろうが、とにかく出会いを増やし数を打っていくことで必ず一定の割合でセフレというのはできるものだ。

彼女もいいものであるが、セフレを持つと人生が変わると言っても過言ではない。

是非チャレンジしてみてほしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です