可愛い彼女をつくるには?誰でも可能な王道ルートを経験者が解説

 

どうすれば可愛い彼女をつくることができるんだ!

可愛い彼女と付き合ったことがなかった若かりし日の管理人Tは、いつもそんなことを考えていた。

特に学生時代であればクラスには必ず可愛い子が一人はいたし、社会人になってからも街を歩けば可愛い子が数え切れないほど目に入った。

しかしそこにいるというだけで、女の子に触れることすらできない……

そんな悶々とした状況を長年過ごしてきたわけだが、今では可愛い女の子とも、可愛くない女の子とも(笑)何人も付き合った経験がある。

そんな今だからこそいえる、可愛い彼女をつくるための原則、誰でもできる王道ルートについて今回はお話ししたい。


実は恋愛経験が少ない人や可愛い彼女と付き合ったことがない人は根本的な恋愛についての原則というのが分かっていない可能性がある。

ピュアな価値観を持っている人には少しカルチャーショックな内容になるかもしれないが、恋愛経験が浅いと感じている人は必ず知っていたほうが良い考え方なので読み進めることをおすすめする。

 

恋愛は自分という商品を売り込むセールス

まず最も大事な考え方をお伝えすると、「恋愛は自分という商品を売り込むセールスである」ということだ。

管理人Tは大学時代に経済学や心理学を学び、今ではマーケティングの仕事をしている。

マーケティングに関係した仕事をしていると、経済学や心理学は日常生活のあらゆる点で使われているものだということを常々感じる。

その一つが恋愛だ。

恋愛は自分という商品を差し出す対価として相手という商品を手に入れる行為、と考えていい。

つまり女性に「あなたは自分(女性)を差し出すほどの価値がある」と判断してもらえなければいけないわけだ。

そしてそのためには、あなた自身の商品価値を上げる必要があるし、さらにいえば商品価値を上げるためには恋愛経験を積むということが必要不可欠となる。

 

まずは出会いと付き合いの数を増やす

 

成約数=アプローチ数×成約率

商品のセールスでも恋愛でもこの公式が適用できる。

どちらもアプローチと成約が揃ってこそ大きな結果に結びつくものだ。

ただし、こと恋愛においてはまずはアプローチ数を増やし、その次に成約率を高めていくという順番が鉄則だ。

アプローチ数(女性にアタックする数)を増やすことで段々と女性を落とす力が身についていくからだ。

もちろん髪型や服装などの見た目に気を使うといったことは最初から可能ではあるが、会話術や女性の扱い方は実践を踏まなければ身につかない部分がとても大きいと感じる。

なのでまずは失敗を恐れず(できれば失敗しても問題ない環境で)とにかく女性にアプローチする数を積んでいくのが可愛い彼女を作るための王道ルートだと管理人Tは考えている。

しかしここで問題となることがある。

あなたも感じているだろうが、世の中の大抵の人は出会いが少なすぎるのだ。

おそらく出会いがありすぎて困るというような人はほとんど周りにいないだろう。

可愛い彼女を作るためには出会いの数を増やすことが不可欠なので、ここでその方法をいくつかお伝えしておく。

 

出会いを増やす方法① 合コン・ナンパ

大学生くらいになるとおそらく一回は話に出てくる合コンナンパ

出会いを増やすと言うと真っ先に出てくる選択肢なので、どちらも経験があるという人もいるだろう。

実はこれら2つで話をすると、管理人Tの意見としてはナンパの方が圧倒的におすすめだ。

合コンは時間あたりにアプローチできる数が少なすぎるし、金も多くかかる。

女子が可愛くなかった場合は罰ゲームだし、相手も知り合いの知り合い等の場合が殆どなので下手に手を出しにくい。

一方でナンパなら一杯の酒で何人にも声をかけられるし、やろうと思えばストリートで無料でナンパすることも不可能ではない。

何よりナンパでは自分から見知らぬ人に声をかけに行くという能力が身に付くし、失敗しても日常生活に関係ない人なのでいくらでもチャレンジできる。

そのためどちらかをやるとすれば合コンではなくナンパが良いと考えている。

男なら一度はナンパを経験してみると自分の成長にも良いだろう。

 

出会いを増やす方法② マッチングアプリ・出会い系

ここ数年のスマートフォンの普及に合わせて一気に広まったマッチングアプリ出会い系

上述の合コンやナンパがリアルな出会いであるのに対し、こちらはネットを介した出会いだ。

出会い系というと昔は怪しげなイメージが強かったが、最近はイメージもクリーンになってきているし、至って普通の人が当たり前に使う時代になっている。

これらの出会い方は、ナンパと同じく日常生活でつながりのない人に対して声をかけられるためリスクがかなり小さいし、ナンパと比べても圧倒的に効率的に大量アプローチができる

何よりいえるメリットのは、ナンパより圧倒的に難易度が低いということだ。

管理人Tの体感ではナンパの難易度を100とすると、マッチングアプリアプリは出会い系の難易度は30程度だ。

初心者はもちろん、ナンパで撃沈した男性にとっても、出会いを増やすという観点で絶対に外せない選択肢だと思う。

リアルの出会いも良いものなのは間違いないが、可愛い彼女に出会う最短距離を行きたいならマッチングアプリや出会い系はまず最初に使ったほうがいいだろう。

 

経験を通して自分の商品価値を上げる

先程も言ったように、恋愛においては商品価値を上げてから経験を積むのではなく、経験を積みながら商品価値を上げるのが王道ルートだ。

男性にとってみれば女性の経験というのはあまりいいものではないかもしれないが、逆に女性にとっては経験豊富な男性の方が魅力的に映るもの。

どんなに恋愛経験が少なく自分に自信がない人でも、大量に女性にアプローチし、その中から一定の確率で女性と付き合うということを何度も経験しているうちに必ずイイ男になっていく

失敗しても問題ない環境でどんどん女性と出会い自分の商品価値を高め、その状態でさらに色々な女性にアタックをしていく、というのが可愛い彼女を作るための最短ルートだ。

もしあなたが「可愛い彼女を作りたい!」本気で考えているのなら、まずは上記で紹介した方法で出会いの数を増やすという一歩から始めよう。

そうして経験を重ねていけば、近い将来あなたは可愛い女の子と出会い、そして彼女にすることができているだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です