あなたの彼女はコスパが悪いかも。コスパの良い女を手に入れる方法を伝授。

 

彼女にはコスパの良し悪しがあるのをあなたは知っているだろうか?

なんとなく彼女の存在を重荷だなーと感じていても、彼女の存在が自分の生活に実際どれくらい負担を発生させているか真面目に考える人は少ないと思う。

今回は少々現実的すぎる考えかもしれないが、彼女の年間維持費(失礼)を計算してみた上で、コスパの良い彼女を作るためにはどうすれば良いかを語ろうと思う。

 

彼女の維持コストは年間30万円以上の場合あり

まずは彼女の年間維持費、コストについて考えてみよう。

週に1回外に遊びに出かけたとしたら、外食代、移動費、買い物、合計して平均して5,000円くらいは使うことになる。

もし彼女より多めに出してあげるタイプの男性だったら7,000円くらいは平均して使うかもしれない。

さらに誕生日やクリスマス、記念日が3ヶ月に1回は来るとして、その度に15,000円消費したとしよう。

年間の遊びの金額 5,000円×52週=260,000円
年間の記念日の金額 15,000円×4回=60,000円
年間合計 320,000円

そうするとざっと計算しても年間32万円は彼女の維持費がかかることになる。

こうして計算してみると意外と高いということがわかると思うが、あなたの彼女はそれだけの金額をかけても維持するほどコスパが良いといえるだろうか?

もし「そこまでかけるくらいなら旅行したりゲーム買った方が幸せになれそう!」と思うなら、もっとコスパのいい女性を見つける行動を取った方が良いかもしれない。

 

コスパのいい彼女とは「お金」「時間」がかからない女性

じゃあコスパのいい女性とはどんな女性か
管理人Tは金銭面だけでなく次の2つ面で負担が少ない女性がコスパが良い女性だと考えている。

・お金がかからない
・時間がかからない

もし彼女を作る目的が体目的であれ、真面目に一緒に過ごしたいという目的であれ、お金も時間もかからない女の子の方が良いに決まっている。

そのためには「奢られるのが普通だと思っていない女の子」「記念日で高いものを望まない女の子」「連絡頻度が少なくてもいい女の子」を見つける必要がある。

 

コスパの良い彼女を作る方法、見つける方法

では本題、ここからはコスパの良い彼女を作るためのポイントを語ろう。

 

コスパの良い女性は「若い女の子」に多い

コスパの良い彼女を作りたいなら若い女の子をターゲットにするのが良い。

少し聞いたことがあるかもしれないが「最近の若い子は割り勘主義の子が多い」というのがある。あれは本当だ。

もちろん人によりけりだが、そういう傾向があるのは間違いない。

ここ最近の平均年収低下といった事情から女性の考えが変わってきているというのもあるだろうが、全体の傾向として年齢が上がった女性の方が生活水準が高いことや、色々な男性を経験していることから男性に求めるものが多い(大きい)というのも一因だと思う。

なので当然男性からしてみたら小さなことで喜んでくれる若い女性を狙った方がコスパが良い彼女を作りやすいといえる。

 

コスパの良い女性は「忙しい女の子」に多い

次に時間的にコスパの良い彼女を作りたいなら忙しい女の子を狙うのが良い。

忙しい女の子を具体的に挙げると、

・看護師
・保険、銀行、商社系の営業

といった職業の人だ。

こういった職業の女性は仕事が忙しく、プライベートの時間が十分に取れない傾向がある。

そうなると必然的に彼氏に割ける時間も少なくなるため、連絡を過剰にしたがったり頻繁にあなたに会いたがるということもない。

男性であるあなたからすれば無駄に頻繁な連絡で時間を奪ったり、会いたくもないときに会いたがったりしない女性は多くの場合コスパが良いはずだ。

また女性側も仕事の忙しさに理解があるというのは嬉しいことだろう。

時間的にコスパの良い彼女が欲しいなら忙しい職業の女性を狙うのが良い

 

コスパの良い女性を少しでも沢山見つけるために

上で書いた「若い女の子」「忙しい女の子」はあくまでコスパの良い彼女になる可能性が高いという話で、全員が全員コスパの良い女性であるとは限らない。

実際にコスパが良いかどうかはしばらく観察したり付き合ってみるまでわからないもので、会った女性の中で一定の確立で存在するものだと思っておくと良い。

じゃあどうすれば少しでも多くコスパの良い女性を見つけることができるかというと、なるべく多くの女性との出会いを作るというのが手っ取り早い。

要するに一定の確立でコスパの良い女性に当たるということは、母数(会う女性の人数)を増やしてしまえばより多くの女性に出会えるということだ。

上に書いたコスパの良い女性の特徴に沿った女性を狙うのは勿論だが、その上で更に確立を上げようとするよりも母数自体を増やしてしまったほうが圧倒的に簡単だし確実。

5人に1人コスパの良い女性がいるとしたら、20人に会えば単純に4人の選択肢に増えるというわけだ。

これはコスパの良い彼女が欲しいときに限らずいえることだが、より良い女性と出会うためにはそもそもの母数を増やすというのが最も簡単で確実なので基本の考え方として知っておくと良い。

 

コスパの良い彼女を手に入れる方法まとめ

まとめると

・彼女の維持コストは単純計算で年間30万円超えの可能性がある
・彼女にはコスパの良し悪しが確実に存在する

という点をまず知っていて欲しい。

その上でコスパの良い女性を彼女にしたいなら、以下のことを知っておくと効率良く彼女に出来る。

・コスパの良い女性は「金銭的」「時間的」に負担が少ない女性
・コスパの良い女性は「若い女性」「忙しい女性」に多い
 →看護師、保険、銀行、商社勤務など
・コスパの良い女性と多く出会うためには母数を多くするのが簡単で確実

コスパの悪い彼女と付き合っているというのは、良く調べずに入った高い保険に毎月お金を払い続けているようなもの。

もっと良い選択肢があることを知った上で行動できるかどうかが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です