忙しい社会人はセフレを作るべき。都合のいい女性が欲しいならやるべきことは?

 

セフレが欲しい社会人のあなたに向けて、管理人T流のセフレの作り方をお教えしよう。

まず最初に断っておくと、セフレは学生でも社会人でも関係なく作れる。

というか寧ろ管理人は社会人になってからしかセフレを作ったことがなく、社会人であっても何の問題もなく意外と簡単にセフレを作れることを身を持って体感している。

 

なのであなたはもしかしたら社会人なので「出会いがない」「時間がない!」「どうしたらセフレが作れるんだ!」と感じているかもしれないが、全く関係なくセフレを作れるので安心して欲しい。

時間のない社会人には彼女よりセフレがおすすめ

 

そもそも管理人Tはセフレを作る事にとても賛成派で世の男性は全員作るべきというくらいに考えているが、特に忙しい社会人については彼女よりもセフレを作るほうが合っていると思う。

 

セフレと彼女の違いの定義は明確に決まっていないものの、彼女と比較してセフレは

 

・合う頻度が低い(2週に1回前後が多い)

・記念日等に祝わなくて良い

・外デートに行かなくて良い

・(相手の女性によるが)他に女が居ても怒られない

・彼女より友達っぽくて面白い(楽しい)

と、男にとってメリットばかりの関係だ。

 

時間もコストも最小限に抑えて、かつ(一般的に)彼女よりも楽しい関係を築ける、勿論好きな時にセックスができるというのがセフレのいいところだ。

 

なので特に忙しくて時間がない、けどセックスしたい、寂しさを解消したいという社会人男性は彼女よりセフレを作った方が幸せになれると思う。

 

セフレの作り方の基本戦法

 

じゃあセフレはどうやったら作ることができるのか。

 

学生であれ社会人であれ作る基本的な戦略は同じだ。

 

まずセフレには2タイプある。

 

①そもそもセフレになりたい女子

②セフレになってしまう女子

 

女性の場合セフレになりたがる人は割と少ないので①はそれほど数は多くない。

 

とはいえ真面目な男性が考えているよりは意外といるもので、体感的には女子の10人に1人くらいはセフレになりたがる人がいる感じだ。

 

②は本当は彼女になりたいものの、寂しがりだったり意思が弱いためセフレ関係になってしまう女の子だ。

 

こちらは単に石が弱めな女の子をターゲットにすればいいので、割合としては①よりも多くなる。

 

なのでセフレを作るためには①もしくは②に当てはまる女の子を狙えば良い。

 

しかし管理人の経験上これらに当てはまるかどうかを判別するのは意外と難しい。

 

実際にホテルに誘ってみたりして初めてわかることも多いからだ。

 

なので一番手っ取り早くセフレを作る方法は、とにかくたくさんの女性にアプローチをすることだ。

 

数撃ちゃ当たる戦略というのが実は一番効果があるし、現に管理人Tの基本戦略は今でもそれだ。

 

セフレをつくるためにはとにかく数を打つことが一番だ。

 

ただ実は他にも1つ、セフレになりやすい女性の条件がある。

 

それはあなたと女性の間に共通の知り合いがいないことだ。

 

女性にも性欲はあるが、多くの女性は世間体を気にしてガードを固くしている。

 

なのでたとえ同じ女性でも共通の知り合いがいる人とそうでない人相手では、共通の知り合いがいない人相手の方が断然貞操観念がゆるくなる傾向がある。

 

なので一番現実的な方法でセフレを作るためには、共通の知り合いがいない女性と大量に知り合って片っ端からアタックしていくことだ。

結局は確率の問題になるが、だからこそ誰でもできる現実的な方法だといえる。

 

社会人が大量にセフレ候補の女性と知り合うには

 

では一般的に出会いが少ない社会人がセフレ候補の女性と大量に知り合うにはどうすればいいか?

 

職場でセフレを作るのはやめておくべき

まず職場の女性に手を出すのは絶対にやめておこう。

 

社会人の男性が一般的に最も多く女性と出会う場と言えば職場で違いないが、職場の女性に手を出すのはリスクが高すぎるのでおすすめできない。

 

もちろん知り合いの女性だからこそセフレにできた時の興奮度合いは高いと思うが、それでも失敗した時のリスクや関係が悪化した時のいざこざが避けられない。

 

真っ先に思い浮かぶ職場の女性だが、手をつけるならせめて正式な彼女として、に止めておこう。

 

ナンパはアリだが難易度が高い

次にナンパで出会った女性だがこれはセフレ候補としてかなり良い。

 

なんといってもナンパで出会った女性は共通の知り合いがいないことがほとんどだからだ。

 

それにナンパについてくる女性というのは意思が弱い女性の確率が高いため余計にセフレにしやすい。

 

ただしそもそもナンパ自体が結構難易度が高い上に、何度も断られ、時には女性からひどいことを言われるのに耐えかれるだけのメンタルが必要だ。

 

そしてある程度調子も良くなければいけない。

 

ナンパ自体はかなり女性を口説くスキルを磨くことができるので経験する価値はあると思うが、セフレを作りたいなら難易度が高いので他の方法の方が効率的だと感じる。

 

 

マッチングアプリや出会い系を使うのが王道


じゃあ他にどんな出会い方があるかと言うと王道はやはりマッチングアプリや出会い系だ。

 

マッチングアプリや出会い系はナンパと同じく女性と知り合うことができる。

 

しかもナンパと違ってまずは文章でやり取りをするのでコミュ力が低くても何とかなってしまう。

 

そしてスマホひとつでどこでも空いた時間に女性とやり取りができるので非常に効率的だ。

 

半分以上コピペのような文章を女性に送りつけることもやろうと思えばできてしまう。

セフレに限らず彼女を作る際でもマッチングアプリや出会い系がいかに効率的か、そのあたりは別の記事でも語っているので割愛するが、時代の流れを考えるとこれを使わない手はない。

 

管理人Tのセフレの99%はマッチングアプリや出会い系で知り合った女性だ。

 

セフレが欲しい社会人に向けたセフレの作り方まとめ

 

忙しい社会人にとってセフレは最高の関係だ。

 

・合う頻度が低い(2週に1回前後が多い)

・記念日等に祝わなくて良い

・外デートに行かなくて良い

・(相手の女性によるが)他に女が居ても怒られない

・彼女より友達っぽくて面白い(楽しい)

 

セフレは彼女と比べてこんなにメリットがある。

 

そしてそんなセフレをつくるためには、

 

・セフレになりやすい関係の女性(共通の知り合いがいない関係)と大量に知り合いアタックする

 

というのが一番確実な方法だ。

 

どんなに腕を上げても百発百中でセフレにできることはありえないので、とにかく沢山の女性にアタックを仕掛けるのが大事。

 

逆にいうとそれができれば誰でも、たとえ社会人でも意外と簡単にセフレをつくれるので、あとは自信を持って行動するのみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です