「遊びの女を好きになった」がよくある理由。セフレから彼女への昇格は割と普通?

「あれ、俺やっぱこいつ好きだわ……」

恋愛経験が多くなると、遊びの女だと思っていたのにいつの間にか好きになったということが起きてくる。

コレっておかしいことなんだろうか。

女性からしたら「遊びの女」と「本命の女」は別物だと感じるかもしれないが、男からしたら意外とそうとも言い切れない。

男性でも遊びと本命は別だと考えている人は多いけれど、その境界線は曖昧なものだと管理人Tは考えている。

そんなわけで今回は「遊びの女を好きになった」がよくある理由を考察したいと思う。

これを見ればきっとあなたも「最初は遊びの女だと思ってライトに付き合ってみて、それから好きかどうか確かめればいい」ということに気づくはずだ。

 

遊びの女を好きになったことは管理人Tもよくある

遊びのつもりだった女のことが好きだと感じると「あれ俺どうかしてるのか…?」と考えてしまうかもしれない。

でも実際はよくあることで、全然おかしくはない。

管理人Tも遊びの女を好きになることがよくあるし、むしろ彼女にした人の大半は最初遊びの女だっだ、というくらいだ。

昔はちゃんと付き合ってキスしてセックスしてなんて順を追っていたけれど、最近はもう最初にヤッちゃうことが多いというのも要因の一つだと思う。

で、そんな「遊び」→「本命」という流れは実際悪いかというと、全くそうは思わない。

それどころかむしろ本命の女性を見つけるためには良い流れだと思ってる。

どうしてかというと、遊びの女になる人はその時点で実は結構内面が良い女性が多いからだ。

 

遊びの女は内面が魅力的な(性格がいい)人が多い理由

どうして遊びの女になる人は内面が良い人が多いのか、その理由を2つ挙げて説明してみよう。

 

男の欲望に理解があるから

遊びの女になる人は、少なくとも男性の性欲に理解がある人が殆ど。

特に女性側も遊びの関係が良いと考えている場合はそうで、性欲が強い女性である可能性が高い。

「ええ!俺はそんな性欲の強い女は嫌だし、付き合ってもヤりたくねえよ!」という男性は相当レアなはずで、男の性欲を理解してくれる女性、もしくは性欲が強い女性はほとんどの男性にとって良い女だといえる。

遊びの女はいい女である可能性が高いのは、これが理由の一つだ。

 

自分の価値が高いと思っている人が少ないから

もうひとつは自分の価値が高いと思っている女性である確率が低いということ。

遊びの女ということは比較的簡単にヤらせてくれる女ということだが、世の中には逆に全然ヤらせてくれない女というのも存在する。

そういう女は「簡単にヤらせない方が自分の価値を保てる」とか「餌をチラつかせて男を言いなりにしたい」という考えが必ず根底にあるわけで、表向きいくら「まだ怖くて…」とかウブな感じ理由にしていても大体性格が良くない。

逆に簡単にヤらせてくれる女というのはそういう打算的な考えを持っていなかったり、お人好しで断れないからこそヤらせてしまうという人であることが多い。

同じ商品なのに「うちはイメージが大事だから安売りしないぜ!」と言うスーパーより普通に安売りしてくれるスーパーの方が印象が良い、といえばわかりやすいだろうか。

こういうウラがあることを知れば、どうして遊びの女が好きになりやすいかがなんとなくわかってくるんじゃないかと思う。

 

遊びの関係(セフレ)から彼女にするのは大アリ

 

で、管理人Tの考えをいうと遊びの関係(セフレ)から彼女に昇格という流れは全然アリ、というかむしろ望ましいと思っている。

そもそも数回のデートで本当にいい女かどうかなんて判断するのは難しくて、付き合ってしばらくか経ってやっと見えてくることの方が多いんだから、まずは遊びの関係でもいいから深く考えず付き合ってみる(もしくは関係を持ってみる)というのが正しいのではないかと思う。

食べたことのない食べ物のパッケージだけ見て「俺これ好きなんだよねー」という人はいない。それと同じようなことだ。

ちなみに付き合ってみて初めて分かることの中には当然体の相性もある。体の相性は真面目に付き合う関係でも意外と大事で、「めっちゃいい子なんだけどセックスが嫌いすぎてヤラせてくれない」ということもありうる。

それでも「最初の時点でホテルに誘って断れた」という感じで早めにわかればいいが、何度も金と時間をかけてデートを重ねた上で気づいたのではもったいない。

そういう意味でも最初は遊びのつもりでいいので体の関係をすぐにもってしまって、それから段々内面を好きになっていくという流れが自然じゃないだろうかというのが管理人Tの意見だ。

 

「遊びの女を好きになった」がよくある理由まとめ

遊びの女を好きになることは結構普通の話。

むしろ遊びの女になってくれるような女性のほうが男にとって魅力的に感じられることも少なくない。

なぜかというと遊びの女になる人は、

・男の欲望に理解がある
・自分の価値が高いと思っている人が少ない

という良い傾向があるから。

さらにいえば付き合いが長くなることで情が湧いてくるという側面もあるので、遊びの女を好きになるのは何ら不思議ではない。

そもそも、

・数回のデートでいい女かなんて判断できない
・体の相性も大事

ということを考えれば、むしろあ遊びの女から入って本命にするという流れが理にかなっているように管理人Tは思っている。

より良い女性と付き合うためにも、まずはライトな関係で沢山の女性と仲良くなり、そこから本当に良いと思った人を選んで行くのが良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です