【ブサメンがモテるワケ】可愛い彼女とブス彼氏のカップルが多い理由

 

街を歩いていると可愛い彼女ブサメンな彼氏の組み合わせを見ることが少なくない。

逆パターン、イケメン彼氏とブス彼女の組み合わせはあまり見ないのに、なぜこれほど多いのか気になったことがあるのは管理人Tだけじゃないはず。

今回は、可愛い彼女とブサメン彼氏が多い理由と、ブサメンやフツメンが可愛い彼女を作れる方法をお伝えしよう。

 

可愛い彼女とブスな彼氏のカップルが意外と多い理由は?

 

女性は本当に内面重視だから

男性は外見を重視する傾向があるため信じられないかもしれないが、女性は男性が思っている以上に内面を重視している

イケメンがブスな女性を好んで彼女にすることはほとんどなくても、可愛い女性がブサメンを彼氏にすることがよくあるのは、そういった男女の価値観の差が大きな要因だ。

 

もちろんイケメンがいい!という女性も多く存在するのは間違いないが、イケメンになるハードルは女性が可愛くなるハードルに比べるとかなり低い。

女性が言うイケメンは「雰囲気イケメン」であることが条件のほとんどだからだ。

要するに重視されるのは生まれ持った顔の作りなどよりも、髪型や服装、持ち物のセンスなどだということ。

顔だけ良くてそういった部分に気を使っていない男よりも、顔が良くなくても気を使えている男の方が間違いなく女性にモテるのだ。

雰囲気イケメンになれるかどうかは本人の努力次第なので、そういった点でも女性は性格重視だということがいえるだろう。

 

見た目のおかげでハードルが下がるから

イケメンよりもブサメンの方がむしろモテやすい要因は、ブサメンのほうがハードルが下がるというのがある。

よく漫画やドラマ等で出てくる、ヤンキーが実は中身が意外と良いやつだった的なあれだ。

最初から性格が良さそうに見られる人よりも、ヤンキーが実は性格が良いという方がモテるというのは想像できるだろう。

逆にイケメンは見た目の良さから女性側の期待値が高まってしまい、実際に話してみたらそこまで良くなかったと思われる可能性が大いにある。

一方ブサメンの場合は、話してみたら意外といい人だったと思われる可能性が高いので、中身の評価についてはブサメンが有利になる。

ブサメンが意外にもモテるのはそういったところもひとつの要因だ。

 

可愛い子もブスも落とせる確率は同じだから

多くの人が勘違いしているが、可愛い子だからといって決して落とすのが難しいわけではない。

可愛い子もブスも中身は同じ女性であることは間違いなく、実際はどちらも落とせる確率は大して変わらない、というのが管理人Tの意見だ。

だからブサメンとブス女のカップルがいるなら、同じようにブサメンと可愛い子のカップルがそれなりにいても何も不思議ではない。

ブサメンだと「自分があんな可愛い子と付き合えるわけない……」と最初から狙いに行くことを諦めてしまう人も少なくないが、実際には自信をもって狙いに行くことをすれば、もっとブサメン美女カップルがいてもおかしくないと思う。

 

ブサメンが可愛い彼女をつくるには

ここまでブサメンと可愛い子のカップルがいても全然不思議ではないという話をしてきたが、可愛い彼女を作るためにはどんな点に気をつける必要があるか、お伝えしたい

顔以外の外見や内面は磨くべし

管理人Tは決して顔自体はイケメンではなく、どちらかというとブサメンに近い。

だが最近の女子からの評価は「え?割とイケメンでしょ」というものが多い。なぜかというと、それなりの努力をしたからだ。

上にも書いた通り、女子にモテるためにはいわゆる「雰囲気イケメン」で全然問題ないわけで、管理人Tも髪型服装毛の処理等に手を入れるようになった結果、評価がかなり上がった。

というわけで、いくら女性が内面重視だからといっても、雰囲気イケメンになる努力くらいはしたほうが良いのは言うまでもなく間違いないことだ。

雰囲気イケメンになるのは早ければ明日にでもできてしまうことなので、性格を変えるよりもよほど簡単だと管理人Tがは思う(本当にそう思う)。

まだそういった点ができていないなら、今日を人生のターニングポイントと思って、サクッと美容院に行くなり、服を買いに行くなりしてしまおう。

 

とにかく大量にアタックする

もう一つ大切なことは、とにかく数を打っていくということだ。

いくら雰囲気イケメンになって、女性の扱いも上手くなった人でも、百発百中で女性を落とせる人はいない

落とせる確率を高めることはできても、せいぜい20%を40%にするくらいが限界だろう。

こんなふうに管理人Tは偉そうなことを言ってはいるが、今でもかなりの確率で女性を落とすのに失敗する男だ。

だからこそ、私はとにかく沢山の女性にアタックして母数を増やすことに注力している。

落とせる確率を2倍にするよりも、アタックする数を3倍に増やす方が可愛い女性を落とせる総合的な確率は高まるからだ。

それくらい大量にアタックすることは大事だと思っている。

大量にアタックするならマッチングアプリや出会い系を使うべき

じゃあどうやってそんなに沢山の女性にアタックするのか?

普通に生きていたらそんなに沢山の女性が身の回りにいることは無い。

もしそれなりに女性が周りにいたとしても、失敗を恐れずアタックしまくるなんてことはまずできない。

 

そこで、失敗しても何も問題ない関係の女性と大量に知り合う方法が必要になるわけだが、大きく2通りの方法がある。

一つはナンパ、もう一つはマッチングアプリ・出会い系を使う方法だ。

どちらも普段全く関係ない見知らぬ女性と知り合い、アタックを仕掛けることができるため、リスクがとても低く、母数を大きく増やすことが簡単だ。

ナンパもマッチングアプリも一度は経験してみる価値があると思うが、これらでで大きく違うのは、ナンパの方がかなり難易度が高いということ。

マッチングアプリ・出会い系では指先一つでナンパよりも効率的に大量の女性にアタックを仕掛けることができる。

両方の経験がある管理人Tとしては、マッチングアプリ・出会い系の利用を推奨したい。

ちなみに更にいうと、ブサメンの場合はマッチングアプリよりもPCMAX等の出会い系の方が向いている。

最近話題のPairsやWithなど、クリーンなマッチングアプリは写真がかなり重視されている

もともとFacebookと連動するのがウリだったこともあり、プロフィール一覧はまるでインスタを見ているかのような雰囲気で、写真がいいと思ってもらえなければ「いいね!」がもらえず、最初のメッセージを送ることもできない。

その点いわゆる出会い系に分類されるようなPCMAXなど老舗のマッチングアプリはそこまで写真に力を入れている人がいないので、見た目にあまり自信がないブサメンでもやりやすい。

もちろん上述したように努力次第では、明日にでも雰囲気イケメンになれるので、その状態で出会い系を使えば更に良しだ。

 

 

今回の話をまとめよう。

なぜブサメンと可愛い子のカップルが意外と成立するかというと、

 

・女性は内面重視だから

・ブサメンは見た目でハードルが下がっているから

・可愛い子もブスも落とせる確率は同じだから

 

で、ブサメンが可愛い子を彼女にしようと思ったら、

 

・髪型、服装、毛の処理など雰囲気イケメンになる努力をする

・とにかく大量の女性にアタックする

 

失敗しても問題ない女性に大量アタックするためには

 

・ナンパする(難易度高)

・マッチングアプリ、出会い系をつかう(難易度低)

 

といったところだ。

とにかくお伝えしたいことは、管理人Tを含めブサメンでも全く問題なく可愛い彼女は作れるので、自信を持ってひたすら行動する、それが一番だということだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です